診療内容

予約方法

周辺地図

クリニック

お知らせ

現在の更新情報はじめ
  • 『ことば・発達のご相談』について

     現在大変ご相談が多く、新しく予約申し込みをされた方々に長期の順番待ちをして頂いている状態です。
     つきましては、大変心苦しい決断ではございますが、新規ご相談の受け入れを当分の間、中止させて頂きます。予約受付の再開につきましては、HPにてお知らせいたします。ご迷惑をおかけしますが、何卒ご理解いただきますようお願い申し上げます。
  • 2019年7月より水・金曜日の夕方診療の受付を休止いたします。月曜日はⅡ診制で行います。(但し、人数制限あり。順番確認の電話は17時までにお願いします。)
  • 電話での対応につきまして、月・火・水・金の19時以降、木・土の13時以降は、電話対応を休止いたします。
  • 7月24日(月)より菊池奈美医師が着任し、毎週月曜日8:30~夕方診療終了迄診察を行います。
  • 補聴器は医療費控除の対象になります                    
  • ののはなコーナーに軽中度難聴児への補聴器公費助成が開始されましたを掲載いたしました。
  • ののはなコーナーに耳かき中の事故についてを掲載いたしました。
  • ののはなコーナーにノーサイドクリニック 芦野先生、吉田先生が来院されました!を掲載いたしました。
  • ののはなコーナーにののはな プチ情報(ハナキューチャン No.2)を掲載いたしました。

現在の更新情報おわり

個人情報保護方針について

お知らせ開始
『ことば・発達のご相談』について


 現在大変ご相談が多く、新しく予約申し込みをされた方々に長期の順番待ちをして頂いている状態です。
 つきましては、大変心苦しい決断ではございますが、新規ご相談の受け入れを当分の間、中止させて頂きます。 予約受付の再開につきましては、HPにてお知らせいたします。 ご迷惑をおかけしますが、何卒ご理解いただきますようお願い申し上げます。
2020.10.07 ののはなクリニック院長
お知らせ終了

ののはな先生のひとりごと

ののはな先生のひとりごとはじめ
師走、12月
 COVID-19感染によるパンデミックになった一年でした。 まだまだ収束はみえず、コロナ禍という言葉に象徴される様に様々な生活制限が日常的になってきました。 マスク・手洗いは当たり前、感染地域への外出制限、特に夜の食事の自主的制限など、様々、自主規制です。
 日常診療の中でCOVID-19ウイルスの影響で、今までみられていたウイルス感染症は殆ど見られなくなり、春から夏の終わり頃迄は、 鼻汁の子どもさんが少なく、急性中耳炎も殆どありませんでした。 猛暑の夏が過ぎ9月に入って急に涼しくなった途端に子ども達の鼻汁が増え、急性中耳炎も徐々に増えてきています。 感染症にかかられた場合、かなり重症であり、成人の急性副鼻腔炎、扁桃周囲炎、急性喉頭蓋炎など、入院を必要とする方も秋には目立ちました。 又、特筆すべきは、何故かめまいの方が例年よりかなり多い様に感じています。生活スタイルの変化、運動制限(ジムに行けなくなった・利用していた施設の閉鎖等々)あるのかもしれません。
 今年も残り1ヵ月となりました。COVID-19の治療戦略、糸口がみえてくる事を来年に期待したいものです。
ののはな先生のひとりごとおわり

スタッフだより

スタッフだよりはじめ
2020年も残り1ヵ月。
 今年は新型コロナの一言ですね。 東京オリンピックは延期され、今までの生活は様変わりし、誰でもご存知の志村けんさんや岡江久美子さんをはじめ、今や2000人以上の方々が 突然新型コロナに感染し、誰にもお別れの言葉を伝えられないまま、天国へ旅立たれました。 本当に誰もが予測しない年でした。
 当院でも、僅かなスタッフで、出来るだけお待たせしない・密にならないように頑張ってはいますが・・・(汗) 何分、先生とのお話で元気を貰っている患者さんもいらっしゃるので、悩むところです。 でも、皆様よく考えて下さい。 来年は、開院28周年を迎えます。 必然的に先生のご年齢も想像できると思います(笑)。 先生には、いつまでも元気に診察していただきたいと皆思っています。 先生の身体そして少ないスタッフの人数を考えると、限られた時間の中で、お待たせせず、出来るだけ早く診察を終わらせるという事は難しいと痛感しています。 それでも、一日でも長く一人でも多くの患者さんが先生から「元気の種」を貰える様に、私たちは力を合わせて頑張っていきます。 先生から貰った「元気の種」から「元気の芽」が出るように、スタッフ一人ひとりが皆さまに「元気の栄養」をお届け出来る様に、コロナにも負けず、 先生のお話好きにもめげず(笑)に、一歩一歩少しずつすすんでいこうと思います。

 今年もお世話になりました。どうぞ、来年もよろしくお願いします。
スタッフだよりおわり

新刊お知らせ

新刊お知らせはじめ
 院長が分担執筆しています。 
XXI-426 中耳炎
小児内科2018年50巻増刊号
小児疾患の診断治療基準 第5版
『小児内科』『小児外科』編集委員会共編
東京医学社 2018年11月刊
 院長が分担執筆しています。
P211-213 アレルギー性鼻炎
総合小児医療カンパニアシリーズ
小児科外来 薬の処方プラクティス
総編集:田原卓浩
専門編集:宮田章子 - 中山書店 2016年12月刊
 院長が執筆しています。
Monthly Book ENTONI(エントーニ) No.194
 原渕保明/編 - 全日本病院出版会 2016年6月刊
小児急性中耳炎
―起炎菌による治療方針,鼓膜切開術・鼓膜チューブ挿入術のタイミングについて―
 院長が分担執筆しています。
小児看護 Vol.38 No.4 APRIL 2015
 - へるす出版
 院長が分担執筆を行った書籍が新たに刊行されました。
P60-P61 中耳炎を耳鼻咽喉科に依頼すべき症例は、どのような症例ですか?
プライマリ・ケアの感染症 身近な疑問に答えるQ&A
総編集・田原 卓浩
専門編集・黒崎 知道 - (株)中山書店
 2冊に、院長が執筆しています。
Monthly Book ENTONI(エントーニ) No.142
 杉田麟也/編 - 全日本病院出版会
Journal of Integrated Medicine Vol.22 No.7 2012
 - 医学書院
 JOHNS26巻9号(9月増大号)に、院長が文担執筆しています。
JOHNS26巻9号(9月増大号)
特集:お母さんへの回答マニュアル耳鼻咽喉科Q&A2010 - (株)東京医学社
 院長が分担執筆を行った書籍が新たに刊行されました。
急性中耳炎の治療のコツ
 山中 昇 編 - 金原出版(株)
 2冊を、院長が分担執筆しています。
急性中耳炎治療入門
 山中 昇 編 - 金原出版(株)
小児耳鼻咽喉科治療方針
 日本小児耳鼻咽喉科学会 編 - 金原出版(株)
新刊お知らせおわり